1. ホーム>
  2. 健康・福祉・医療>
  3. 新型コロナウイルス関連情報>
  4. 新型コロナウイルス感染予防対策(縫わないハンカチマスク、塩素系消毒薬の作り方も掲載)

健康・福祉・医療

新型コロナウイルス感染予防対策(縫わないハンカチマスク、塩素系消毒薬の作り方も掲載)

◆ 咳エチケットやこまめな手洗いなどの衛生対策を十分に行っていただき、また、3つの「密」を避けていただきますよう、お願いいたします。

『咳エチケット』の画像『手洗い』の画像『3つの密』の画像

 

手洗いの効果(厚生労働省資料より)

『手洗い効果』の画像

塩素系消毒薬の作り方(ハイターなどの希釈の目安)

新型コロナウイルス対策で、調理器具、トイレのドアノブ、便座、衣類等を消毒する場合は、アルコールや塩素系消毒薬が有効です。アルコールが手に入らない場合に、家庭にあるハイター等を希釈することで塩素系消毒薬が作ることができますので参考にしてください。ただし、手や体には使えないのでご注意ください。

<0.05%の塩素系消毒薬の作り方(500mlペットボトルで作る)

原液濃度が5%から6%の塩素系消毒液を使用する場合は、500mlのペットボトル1本の水に、ハイター原液5ml(ペットボトルのキャップ1杯)を入れます。

『塩素の希釈(厚労省資料)』の画像

塩素系消毒薬を使用するときの注意事項

  • 手指の消毒には絶対に使用しないでください。
  • 使用する際は十分に換気してください。
  • 有害ガスが発生するため、酸と混ぜて使用しないでください。
  • 汚れが残ったまま使用すると効果が弱まります。できるだけ汚れを落としてから使用してください。
  • 漂白作用があります。容器の使用上の注意を確認してください。
  • 商品により塩素濃度が異なるので表示などを確認してください。

塩素系消毒薬を保管するときの注意事項

  • 希釈したものは時間が経つと効果が減っていくので、その都度使い切りましょう。
  • 希釈したものをペットボトルで保管するときは、誤飲しないよう、容器に目立つように薬品名や濃度を記入しておきましょう。
  • 原液、希釈液ともに、アルミホイルなどで包んで光を遮り、直射日光の当たらない場所で保管しましょう
  • 危険なので、子どもの手の届かないところに保管しましょう。

 

◆ 簡単、縫わないハンカチマスクの作り方 (PDFでダウンロード可)

『マスクの作り方1』の画像

『マスクの作り方2』の画像

もしも、家族が新型コロナウイルス感染症にかかったら?自宅でできる感染予防対策(茨城県ホームページ)(外部サイト)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

保健センター 1F 〒300-1312 茨城県稲敷郡河内町長竿3693-2

電話番号:0297-84-4486 ファックス番号:0297-84-4487

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

河内町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る