1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 文化財案内版>
  5. 福田市郎兵衛家宝篋印塔 【町指定文化財】

観光・文化

福田市郎兵衛家宝篋印塔 【町指定文化財】


▲福田市郎兵衛家笠塔婆及び宝篋印塔

 左から2代市郎兵衛(豊邑、法名静心法譽信士)の宝篋印塔( 高さ357.0センチメートル、幅64.5センチメートル、台座幅102.0センチメートル、石造)

 宗祖内匠(頼章、法名道穐定門)の笠塔婆

 初代市郎兵衛(満房、法名鏡室貞善居士)の宝篋印塔(高さ357.0センチメートル、幅64.5センチメートル、台座幅102.0センチメートル、石造)

 3・4代市郎兵衛(法名慈光院秀山貞雄居士、清涼院実観相圓居士)の宝篋印塔

 天正18年(1590)年、小田原北条方の千葉一族助崎城主大須賀信濃守の滅亡の際、その家臣、福田・酒井・櫻井・大野・海保・江口・成毛らの各氏がこの地に逃れ来て、この地を開拓したと言われている。この宝篋印塔は金江津の地の成立を物語る貴重なものである。

場所 河内町金江津4194-1

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは教育委員会事務局です。

河内町農村環境改善センター(中央公民館隣) 〒300-1312 茨城県稲敷郡河内町長竿3689-1

電話番号:【学校教育G】84-3322 【生涯学習G】84-2843 ファックス番号:【学校教育G】84-4730 【生涯学習G】84-2043

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

河内町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る